舞妓はレディ

『舞妓はレディ』は2014年9月に公開された、周防正行監督が手がける日本のミュージカル映画です。その作品名ですが、かの有名なオードリー・ヘプバーン主演のミュージカル『マイ・フェア・レディ』に倣って付けられました。現在映画や舞台、ドラマになどで幅広く活動する上白石萌音さんにとっての映画デビュー作でもあります。

『舞妓はレディ』の概要

キャストには、『君の名は。』の主人公の声優を務めた上白石萌音のほか、長谷川博己、草刈民代など、実力派が揃っています。

主人公は、上白石萌音演じる地方出身の少女、春子。東北訛りに苦闘しつつも、言語学者の京野によるサポートのもと、京都の架空の花街・下八軒で一人前の舞妓を目指していく過程を描いたストーリーとなっています。